2020

Help with Search courses

三次元空間において測量するために必要な理論・技術を学ぶ.測度の基準について解説し,測ることの本質を捉えるとともに,三次元座標変換や誤差調整手法について理論・技術を習得する.

測量機器を用いた測量やカメラ画像を用いた測量において,測量成果から三次元座標を得るには,座標変換が必要である.そこで,座標変換を理解することをベースに様々な測量手法の習得を行う.

得られた成果には誤差がつきものである.その誤差を最小二乗法によって調整し,最確値を得る手法の習得も行う.

プログラムを設計する観点から数々のアルゴリズムについて概説し,目的に合ったアルゴリズムとデータ構造の構築方法を学ぶ.
講義ではアルゴリズムの評価指標としての計算量についての概念を学んだ後に,リスト,ツリーなどの基本的なデータ構造とその操作アルゴリズムについて学ぶ.
また,それらのアルゴリズムの計算量がどの程度のものであるかを学ぶ.
計算機の中で問題を表現する手段として用いられるグラフの概念とグラフ上での探索アルゴリズムとその応用について学ぶ.
あわせて,再帰呼び出し,分割統治法などのアルゴリズムの設計方法と解析方法について理解する.
最後に,人工知能に関するアルゴリズムを理解し,その性質を利用したプログラミング技術について学ぶ.